脂肪溶解注射 - oneUPclinic - 下北沢の低価格で高品質な美容医療

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは?

当院では『アルフォコリン』を使用しています。

次世代脂肪溶解注射『アルフォコリン』は、医薬品として認証された実証性が⾼い脂肪溶解注射です。

⼤⾖から抽出された天然成分(GPC.Glycerophosporylcholine:グリセロフォスフォリルコリン)を使⽤した『アルフォコリン』は医薬品分類を受けており、他の脂肪溶解注射とは⼀線を画す画期的な脂肪溶解注射です。

『アルフォコリン』は、脂肪細胞の膜を不安定にし、脂肪細胞の数を減らし⾼いサイズダウンの効果が得られます。従来の脂肪溶解注射は1週間程度痛みや腫れ、熱感などの副作用が強く出ましたが、アルファコリンはダウンタイムや副作⽤が少なく脂肪細胞を破壊します。KFDA(食品医薬品安全処)では、直接筋肉あるいは静脈注射による脳血管障害の治療薬として認可されている安全性の高いものです。

注射針は非常に細いため痛みはごくわずかです。アルフォコリンの特徴は従来の脂肪溶解注射に比べ副作用が少なく、安全性に優れています。注射後の腫れが少なく、ダウンタイムが短いのも特徴です。

脂肪溶解注射の特徴

・水溶性のため組織へのダメージが非常に少なく、ダウンタイムも1~2日と短く副作用が少ない。
・顔だけでなく全身に使用できるので気になる部分を選んでいただいての施術が可能。
・脂肪細胞の細胞膜を直接破壊することで脂肪細胞の数そのものを減らすため、リバウンドなく高いサイズダウン効果が得られます。

『適応部位』
・顔
・二重顎
・二の腕
・腹部
・大腿部
・ふくらはぎなど
脂肪がある部位であればどこでも可能です。

脂肪溶解注射の料金

初回価格

1回(12ml×1本)
13,200円(税込)

通常価格

1回(12ml×1本)
22,000円(税込)
3回(12ml×3本)
62,700円(税込)
5回(12ml×5本)
99,000円(税込)
10回(12ml×10本)
187,000円(税込)

初診料

2,200(税込)

キャンセル料

当日キャンセル
3,300円(税込)

施術の流れ

診察
診察時に脂肪溶解注射を打ちたい部位を決定していただきます。
施術
施術部位に注射をして行きます。施術時間は5分〜10分程度です。
極細の針を使用するため通常は麻酔を使用しません。しかし、痛みが苦手な方は麻酔を使用することも可能です。その場合には別途麻酔代をいただきます。

FAQ

Q1 効果はすぐ出ますか?
1週間程度で効果が現れます。よりわかりやすいのは1ヶ月程度立った頃です。
Q2 どれくらいの間隔で続けたらいいですか?
1週間〜3週間毎に続けていただければ効果を実感しやすいです。継続して行うことでより高い効果が望めます。
Q3 他の施術との併用はできますか?
注射を行う部位を避ければ他の施術と併用できる施術もありますので、スタッフにご相談ください。

副作用&リスク

施術当日は内出血の予防のためにも激しい運動・飲酒・入浴などはお控えいただきます。

〜禁忌事項〜
・大豆アレルギーの方 
・妊娠・授乳中の方 
・パーキンソン病の方

ダウンタイム

施術直後は薬剤による体積が増えるため腫れた感じはありますが、2〜4時間程度で吸収されます。
十分注意しますが、稀に内出血を起こす可能性があります。内出血になった場合には吸収までに2週間程度かかることがありますが、必ず改善します。

効果別メニュー

oneUPclinic ではお客様のあらゆる美の追求を満たす施術メニューをご用意しております。

低価格で高品質な美容医療を
お探しの方
ご興味のある方は、お問い合わせフォームより
問い合わせください。
メールでのご相談・ご質問はお問い合わせフォームをご活用ください。