リベルサス

リベルサスとは?

2020年に製造販売されたリベルサスは、ダイエット効果が期待できるGLP-1の経口薬です。従来のGLP-1はサクセンダやオゼンピックといった注射薬のみでした。
リベルサスの主成分であるセマグルチドはタンパク質で、分子量が大きいことから消化管で吸収されずらく、胃の分解酵素により分解されてしまうため、飲み薬での投与は難しいと考えられていました。
ここで新たに開発されたのが吸収促進剤『SNAC』です。
『SNAC』は胃のタンパク質分解からセマグルチドを守り、吸収を促進し注射薬の飲み薬化を可能にしました。
GLP-1は、もともと私たちの体にあるホルモンで、食事を摂ると小腸から分泌されます。

 

※内服薬のみご希望の場合は、オンライン診療、または直接クリニックまで来院いただいても、どちらでも処方が可能です。
オンライン診療をご希望の方は公式LINEまたはWEB予約に必要事項を記入の上、お申し込みください。

リベルサスの特徴

胃腸の働きを調整し、中枢神経に作用し食欲を抑制します。
摂取した食事の消化を穏やかにしてくれるので、少ない食事量でもお腹が空きにくくなります。そして脳の中枢神経に作用し食欲自体を抑制する効果があるので少量でも満腹感を感じることができます。

基礎代謝が上がり、太りにくい体にする
リベルサスを服用するとGLP-1の作用により基礎代謝、内臓脂肪の燃焼効率が上がります。基礎代謝が上がることにより消化カロリーが上がるのでより痩せやすくなります。

インスリンの分泌を促し、血糖値を下げ脂肪が増え過ぎるのを防ぐ
糖尿病治療薬として承認されている薬なので、インスリンの分泌を促す効果があります。インスリンを分泌することにより血糖値をコントロールするので、食べた物が脂肪として吸収されにくくなります。また、血糖値が高い状態でしかインスリンの分泌を促さないので、低血糖になる心配は少ない薬です。

<こんな方にオススメ>

・激しい運動が苦手な方
・食事制限・糖質制限をすることなく痩せたい方
・注射などが苦手な方

<内服方法>

1日のうち最初の食事又は飲水前に、空腹時の状態でコップ約半分の水(120ml以下)とともに1錠内服します。お茶やコーヒー、服用ゼリーなどでの服用は控えて下さい。(効果が半減、又は効果が皆無になる可能性が高いため)
服用後、少なくとも30分は食事や水分の摂取を控える必要があります。
どうしても水分を摂取したい場合でも、最小限に抑えなくてはいけません。
錠剤は、割ったり噛んだりせず、そのままの状態で服用して下さい。
服用当初は低血糖となる可能性もあるため、3mg錠からの服用を始めます。
3mgで内服スタートし、4週間は同量を内服するようお願いしています。
容量1日1回3mg〜開始し、4週間経過後に、1日1回7mgに増量します。
1日1回7mgを4週以上内服しても効果不十分な場合には、1日1回14mgに増量します。

<治療期間>

当院では、治療期間は6〜12ヶ月を推奨しています。

<内服中の注意事項>

内服中の過度な飲酒は脱水や、低血糖の来す恐れがありますのでお控え下さい。
非常に稀ではありますが、急性膵炎、腸閉塞など重大な副作用を来す恐れがある可能性がございます。
内服中の極度な食事制限は低血糖を起こす可能性がありますので、医師の指示に従って下さい。
また、摂食障害の既往がある方には処方いたし兼ねます。
38度以上の発熱がある場合、下痢、便秘、嘔吐が持続し改善の傾向がない場合食事が全く取れない場合には使用を中止し当院にご連絡ください。
体調に変化を感じられた場合にも服用を中止し、当院にご連絡下さい。

<内服できない方>

糖尿病患者の方、利尿剤を服用されている方、未成年、妊婦中、授乳中、産後3ヶ月以内の方、精神安定剤を使用中の方

<確認事項>

現在内服中のお薬がある方は必ずお申し出下さい。

リベルサスの料金

リベルサス

リベルサス3mg 30錠
12,500円(税込)
リベルサス7mg 30錠
29,000円(税込)
リベルサス14mg 30錠
43,700円(税込)

メディカルダイエットセット

リベルサス3mg +スーグラ50mg
28,600円(税込)
リベルサス7mg +スーグラ50mg
45,300円(税込)

施術の流れ

FAQ

Q1 シートが破れたり、錠剤が割れていた場合そのまま服用してもいいですか
リベルサスは湿気や光に弱いお薬です。シートが破れ、錠剤がむき出しのまま保管されてる場合、湿気や光の影響で薬剤本来の効果が発揮できない場合があります。シートに正しく入っている薬剤を服用して下さい。
Q2 毎日同じ時間に服用する必要がありますか。
服用する時間が多少変わっても問題ありません。胃が空っぽの状態で服用することが大切です。起床時など1日の最初の飲食の前に服用して下さい。
Q3 飲み忘れたり、服用前に飲食をしてしまった場合にはどうしたらいいですか。
その日の服用はしないでください。翌日の空腹時から服用して下さい。

副作用&リスク

消化器症状:下痢、腹痛、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感、便秘
低血糖症状:めまい、ふらつき、頭痛、頭重感、動悸、震えなど

ダウンタイム

効果別メニュー

oneUPclinic ではお客様のあらゆる美の追求を満たす施術メニューをご用意しております。

その他のご連絡はお問い合わせフォームを
ご活用ください。
電話予約